• HOME > 理事長挨拶

理事長挨拶

日本産婦人科手術学会 理事長 平松 祐司

この度,日本産婦人科手術学会の理事長にご推挙いただき,非常に名誉であると同時に,これまで関場,野澤,星合の三理事長のもとに発展してきた本学会を今後如何に発展させていくか身の引き締まる思いであります.

本会の歴史については産婦人科手術No.1(1990年)の巻頭言に関場名誉理事長が記載されていますが,小倉知治先生を発起人代表とし,関場先生,野田起一郎先生,下村虎男先生,山辺 徹先生が発起人になり,1978年に第1回の研究会を大阪で開催し,150名の参加のもとに「腹式子宮全摘術について」討論したのが始まりであります.その後,第15回(1993年)からは会員数約1,000名の日本産婦人科手術学会に発展し,現在に到っています.

本学会は発足当時から“手術手技”について検討する学会であり,誰が参加しても有益な学会として親しまれてきました.1990年には機関誌「産婦人科手術」No.1を刊行しており,以後各学会において2つの主題を取り上げそれを中心に構成しており,保存していけば1つの手術書となるよう意図して編集されてきました.

私自身は研究会時代から本学会に参加していますが,その当時から比べて,術式も内視鏡手術の増加,機能温存術式の増加,性器脱に対するTVM手術の導入,そして今やロボット手術の時代へと大きく変化しつつあります.今後はこれらの術式をどのように使い分け普及させていくかが大きな課題であります.しかし,いずれの手術においても最も重要なのは副損傷が少なく,患者さんのQOL,治療成績の向上に繋がる術式を開発,習得し,さらに普及させていくことであります.そのためには解剖学に基づいていることが重要であり,本学会から正しい解剖に基づいた多くの工夫・術式が誕生することを期待しております.

一方,産婦人科診療全体を見渡せば産婦人科医師の減少,女性医師の増加,特にフルタイム勤務出来てない女性医師の増加などがあり,5年後,10年後を考えれば産科医だけでなく手術のできる医師の不足がおこることも目に見えております.以前は手術は教えてもらうのではなく,上司,達人の手術を必死に見学し盗んで習得するものでありましたが,婦人科腫瘍専門医養成プログラムにもみられるように,教えて育てる時代になってきているように思います.しかし,手術学は解剖に基づいたサイエンスであると同時に,これでよいという終わりのない芸術でもあります.従って,昔同様に先人の技を盗み習得すると同時に,さらに工夫を加えるといった努力を忘れてはいけないと思います.今後,優れた術者の養成という面においても本学会の果たす役割は大きいと考えております.

問題山積でありますが,本学会の良き伝統を継承しながら,新しい時代のニーズに応えるべく,会員各位の協力をいただきながら,本会が発展していくよう努力する所存でありますので,ご支援よろしくお願いいたします.

ページ上部に戻る